AIR TRAINER 1

COLOR
"CHLOROPHYLL" WHITE/BLACK-MEDIUM GREY
YEAR
2022
CODE
DM0521-100
AIR TRAINER 1 DM0521-100
  • AIR TRAINER 1 DM0521-100 - 01
  • AIR TRAINER 1 DM0521-100 - 1
  • AIR TRAINER 1 DM0521-100 - 2
  • AIR TRAINER 1 DM0521-100 - 3
  • AIR TRAINER 1 DM0521-100 - 4
  • AIR TRAINER 1 DM0521-100 - 5
  • AIR TRAINER 1 DM0521-100 - 6

SIZE (cm)

サイズチャート

PRICE

22,000 yen

 
BOX
CONDITION NEW
STOCK SOLD OUT
PAYMENT 来店・カード・振込・代引
SHIPPING 送料500円+
代引手数料500円

PRICE

22,000 yen

BOX
CONDITION NEW
STOCK
  • 東京
  • 大阪
  • 福岡
  • 宮城
PAYMENT 来店・カード・振込・代引
SHIPPING 送料500円+
代引手数料500円

PRICE

22,000 yen

BOX
CONDITION NEW
STOCK
  • 東京
  • 大阪
  • 福岡
  • 宮城
PAYMENT 来店・カード・振込・代引
SHIPPING 送料500円+
代引手数料500円

DATA

ナイキ エア トレーナー 1 ホワイト/ブラック-ミディアム グレー "クロロフィル" DM0521-100

1987年に「AIR TRAINER」の名称でMIDカットとLOWカットが発売。デザインはティンカー・ハットフィールド氏。前足とシューズの一体性を高める為のストラップがついたワークアウト用のトレーニングシューズとして開発されたモデルです。このモデルが世界的に注目を集めたのはトレーニングシューズとしてではなくテニスコートからでした。1986年の開発段階のサンプルを誤ってジョン・マッケンロー氏に送ったのがきっかけで、マッケンロー氏は数あるモデルから「AIR TRAINER」が自分にフィットするということでゲームで着用。その後1988年のジャパンオープンでは「AIR TRAINER」を着用して優勝を手にしました。マッケンローの着用をきっかけに認知が高まり、その後のTRAINERシリーズの開発に大きな影響をもたらしたシリーズの原点となる1足です。

2022年5月発売、日本定価15,950円

MORE COLOR

RECOMMEND